--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.19

【レポ】8/11 VAMPS BEAST PARTY 2013 @山中湖

2日目レポです。
1日目レポはこちらからどうぞ【1日目】

2日目はAブロッグの後ろ、フリースペースで自由に踊って楽しみました。あたしは「観たい人」だけど、「踊りたい人」でもあります。両日それぞれの楽しみ方ができたので最高にハッピー。ちなみに踊りまくってる場合、あたしの記憶力はかなり低下します。(って前置きしとこうw)

2日目は2羽のスワンボードがこちらにズズンと迫ってくる映像からスタート。
(まさかアレに乗ってるの!?キャー!!・・・・んっ?でも到着まで時間かかるよなぁ。。。あっ!もしかして別撮りじゃねーの?あたしってば頭いい☆)と思って、こうやんさんに「アレきっと別撮りですよ!!」って鼻息荒くドヤ顔で言ったら、「そりゃそーだw」と返ってきました。のっけから自分のおつむの弱さにガックシですw

そんなわけで昨日同様バギーで登場のハイドとカズ。ハイドの衣装がエアロビみたいです。
セトリは1日目と多少変化はあるも、ほぼほぼ同じ。


01. LOVE ADDICT
02. HELLO
03. HUNTING
04. ANGEL TRIP
05. I GOTTA KICK START NOW
06. SEASON'S CALL
07. AHEAD
08. HIDEAWAY
09. 時間よ止まれ
10. MEMORIES
11. MY FIRST LAST
12. MISSION
13. KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-
14. DEVIL SIDE
15. REPLAY
16. TROUBLE
17. REVOLUTION II
18. I'm so happy
19. HONEY
20. SEX BLOOD ROCK N' ROLL



この日はアコースティックタイムで、矢沢永吉さんの【09.時間よ止まれ】を演りました。

「ただの男さ♪」「このひとに賭ける♪」そんな言葉をハイドの歌で聴けるなんて、とっても不思議な気分。その声はとても甘く、ちょっと郷愁がかった切なさもあり、いつものハイドにはない色合い。こうゆう歌も似合うようになったんだなぁとしみじみ思っちゃった。若い頃は絶対に歌えなかったでしょう。歌ったとしても違和感があったと思う。うんっ、下界のハイドも悪くない!

ここで、Vメンバー登場して、次の野外はどこにしようかって話。ju-kenに島でやろうと提案され「じゃあ買いましょか!」ってハイドちゃん。冗談だろうけど買えちゃうよねぇ~。つい「買って買ってぇ~」とおねだりしたくなっちゃう(笑)

続く【10. MEMORIES-ボサノヴァVer.-】明けのMC。


「死んだらどうなるんやろっていうのは昔からよく考えていて、結構そういう歌詞を書くことが多いんだけど。このために自分は生まれてきたんだ、これを成し得るために生まれてきたんだって、死ぬ時にしかわからないじゃないですか。


「今は自分の人生のピークは分からないけど、死ぬ時にわかるのかなって。」

「今が凄く良くても明日どーなってるかなんてわからへんし、逆もあるよね。今がどーしようもなくても、明日は一気に良くなるかもしれないし。」

「ちょっと、お線香あげていいですか?」

「ちょっと多いな・・・・」
と言いながら、用意されていたお線香の束から3本だけを残し、火をつけてフッと息を吹いた。(良い子はお線香吹いたらダメですよー)

「お線香好きなんですよ・・・去年、僕の身内が亡くなったんですけど、その時にこの歌詞と同じこと言ってたんだって。宇宙と一体になるって。多分その人は僕の詞のことは知らないと思うんですけど、あぁ同じこと言うてるって、印象に残ってて。」

そんなMCの後に披露された【11. MY FIRST LAST】でした。

亡くなった身内って方が、血の繋がりのある親戚の方なのか、それとも仲間とゆう意味での身内なのかはわからない。だけどお線香に火をつけ、この歌を捧げたのだと思う。それくらいに近しい人だったのだろうと思う。あたしはやっぱり他界した友人のことを想わずにはいられなかったな。とても辛い経験だったし、その傷はまだ癒えていないけれど、ハイドの歌うこの曲がボロボロになった心をそっと撫でててくれているような気がしました。全ては宇宙に還るのだから、どこに居ても繋がっているのだと、そんな風に感じることができた。

アコースティックタイムが終わり、夜の帳が下りた頃、空には上弦の月が怪しく輝いていました。真っ黒な空にキリリと現れた黄色にゾクゾクする。「夜は任せろー!」とハイドが咆哮する。アコースティックで見せた柔らかく穏やかな空気が一転。この人の二面性にはいつも驚かされます。

「君らほんとにクレイジーだよね(笑)。なんかこう、、、順応してくるよね。全くこっち見てない人とかいるもんね(笑)それぞれが自由に楽しんでるのが嬉しいです。関係者席で見てた人からよく言われるんですけど、、、どんどん酷くなってるってw狂ってるってwww褒め言葉ですよね。誇らしいです。」

「今日もこんな遠くまで来てくれてありがとう。何もプレゼントとかあげられないけど(笑)今日ここまで来る時も、いろんな所でファンの子を見かけて、山中湖周辺がVAMPSタウンみたいになってるよね。バス停で道に迷ってるような子とかもいてね、そっち逆方向やでーって教えてあげたくなったりしました(笑)えっ、こっから歩くん!?みたいな子とかいるしね(笑)」

「あ、ハロウィン。今年もやりまっせー!今年はカズくんが女装します。」


カズ照れ笑い。発狂した客席はカズコール。そんな客席をなだめようと、ハイドはNO NOと手を振るも全くもって鎮まりません。そんな暴動化した客席を鎮めるためにハイドがとった行動は、、、

「バーング!オーーンッ!」
(客:STOMP EVERYBODY!!!)

【REVOLUTION】のフレーズを叫びだす!そして突然のふりにも完璧なあたしたちです(笑)

しかし、この「バーング!オーーンッ!」がかなり本気の歌唱でして、言わばアカペラなわけですよ。やっぱりハイドの声量って凄い!!キャーキャー言ってた客を一瞬にして鎮静させたわけですから。

「君たち順応性すごいね!僕たちエッチの相性もいいね、きっと

その言葉を聞いた男性ファンか男性スタッフが照れまくっていたらしく「なんで君がっ・・・///いやっ、そうゆうよも好きよ♪」と。


そして事件は起こったのだ!

「えっとね、そろそろ次の曲。今日はギターの上手い友達が来てるんだけど呼んでもいいかな?

こっ、これはラグーナと同じセリフ!!!

「kenちゃん!」

kenちゃんキターーーーー!!!正装したラルク仕様のkenちゃんだぁ!!!右上の髪の毛をねじりあげていて、あっ、これはスタイリストさん付きだなと(笑)グッズの赤いエクステもちゃんと付いてるしw

デパートの紙袋を持ってると思ったら、VAMPSメンバーに御中元を配りだしたwwwお土産シリーズ続いてたのね。

正装したkenちゃんが、ヤカラ丸出しのVメンバーに深々とお辞儀しながら、もちろん両手で御中元を渡してる姿が可笑しく可笑しくてwそしてこの時ハイドを見失ってしまったんですが、座り込んでkenちゃんからもらった御中元を早速開けてたそうです(笑)


ケン「ここは日本で一番おっぱいが揺れてる場所だって聞いたので来てみました!去年も楽しかったので倍返ししたいと思います!10倍返しだぁーーー!ちょっと喋りすぎました。」

ケンちゃんってテンション上がると早口になるよね(笑)この「10倍返しだぁーーー!」って台詞は、今放送されてるドラマ『半沢直樹』のキメ台詞なんですって。kenちゃんドラマ見てるのねw


【18.I'm so happy】
kenちゃんのギター、hydeのヴォーカルで聴けるアイムソ。あたしやっぱりkenちゃんのギターが好きだ。kenちゃんの音を聴いたらとたんに恋しくて恋しくて胸が苦しくなってしまった。ずっと気付かないようにしてたけど、やっぱり駄目だ。kenちゃんじゃなきゃ。(そんなことをVAMPSのライヴで思ってしまうのも申し訳ない話なのだが…)

ハイドはhydeでした。

kenちゃんとコミュニケーションをとろうと距離を詰めるハイド、それに気が付かないkenちゃん。諦めて去ろうとするその瞬間に気が付き振り返る。だけどそこにあるのはハイドの後姿なの。なんだかラブドラマでも見ているかのようです(笑)なかなか上手くいかないもどかしさに胸が苦しい。

両手でマイクを握り締め、渾身のアイラブユーを叫ぶハイドは、まるでこの身が焼き尽くされてもいい、灰になるまで叫び続けると言わんばかり。

涙は濡れていた。もう枯れることはないのかもしれない。


そしてkenちゃんに「もう一曲いい?」とお伺いを立ててから始まったのは

【19.HONEY】
kenちゃんが「乳を出せーーーー!」と吠えていましたww

kenちゃんの肩に手をまわすhyde。それを当たり前のことだと受け入れ、だけどそんなの気にもとめずにギターに夢中なギタリスト。 ああそうだ、これだ。やっぱり1番しっくりくる(泣)

その後、カズの方に行って同じことをするハイディ。「O型だから万遍なく愛したい。」でしたっけ?(笑)この八方美人めっ!w

そうそう!花道からkenちゃんに向かって、「こっち来て!」とブンブン手招きするも、全く気付かないkenちゃんの肩を無理矢理引っ掴み、花道に押し出したハイディがめちゃんこツボでした(笑)すげー必死だったんだもんwww

花道に引っ張り出された後は、カズ、ジューと弦楽器隊がトライアングル作って弾いてたね。

そのトライアングルに「注目〜!」ってかんじで\咲く/ハイドが可愛すぎる!!

曲が終わると、kenちゃんは逃げるようにはけてきました。ハイドが振り返ると既に姿はなく、焦ったハイドが早口で「ケンちゃんでしたぁ」って言ってた。 「乳を出せーーーー!」とか言えるくせに、根はテレ屋のkenちゃんが愛しいったらありゃしない。


【20.SEX BLOOD ROCKN' ROLL】

「また帰ってくるから。浮気すんなよ。首洗って待ってろ!」浮気してもいいからって言ったり、浮気はすんなと言ったり、もうどっちやねん!

そして昨夜と同様、大量の打ち上げ花火で幕を閉じたのでした。


「人生のピークがいつなのかわからない」とハイドは言った。

やっぱりこの人凄いなぁ。V会報で『昔の方が好きだった人もいるかもしれないけど、僕にとって過去はまったく輝いてないから』と言い切ったのもそうだけど、だってハイドだよ?L'Arc~en~Cielのhydeだよ?90年代後半を共に生きた人ならわかるでしょ?これだけのヒット曲を生み出して、たくさんの後輩たちが憧れるハイドだよ。一世を風靡し、世間やマスコミの注目を一心に浴びて、いち時代を築いたL'Arc~en~Cielのhydeだよ!?

でも違うんだよね。いくら世間がもてはやそうと、自分の求める姿がある限り、それに成るまで満足しない。ハイドの強さはそこにある。

あたしは自分の音楽活動を「仕事」と言えるハイドが好きです。そして「夢のある仕事がしたい」と目を輝かせるハイドが好き。その夢に向かって着実に大きな一歩を踏み出してる今、彼が向かう先にピークはあるのだろうか。

そしてハイドの言うピークとは果たして何を指すのだろうか。夢を叶えることなのか、少年時代に憧れたロックヴォーカリストに成ることなのか、愛する家族と共に過ごす暖かい時間なのか、心の充足感か。それこそ死ぬ時にならなきゃわからないんだろうな。

でも確実に言えることは、必ず訪れる死の瞬間、その時に、悔いを残さぬよう今を真剣に生きて命を燃やしてるってことだ。

英語の発音を何度も直され、挫けそうになったと言っていた。この歳で新たに何かを取得することがどれだけ大変か。情熱を燃やし続け、モチベーションを持ち続けることがどんなに難しいことか、あたしにはよくわかる。若い時のように、夢や憧れをキラキラした情熱で育て続け、寝食を忘れて夢中になるって本当に難しいんだよ。本当に。


いつかハイドはこんな風に言っていた。
『ファンの子が、自慢できるようなバンドにしたい。ハイド凄いでしょ!って言わせてあげたい』

あたしは大きな声で言える。始めて会った人にも言える。あたしが好きなハイドって人はこんなにかっこ良くて、あたしはたくさんの影響を受け、ハイドの歌で人生が彩られていると。

ハイドの生き様を心から尊敬するし、かっこいいと思う。この人を好きになって良かったなぁ。山中湖行ってよかった。最高にハッピーな空間でした。やっぱり野外って格別だ!!

そして、この2日間ご一緒してくれたお友達に大感謝です。みんなのお陰で山中湖に来れたと言っても過言じゃない。楽しみを共有できる人がいるって幸せだよね。また来年の野外ライヴが今から楽しみです。


余談:そう言えば、アコースティックタイム後くらいから、美味しそうなにおいが流れてきたんですが、もしかしてkenちゃん舞台裏でBBQしてた?(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

makoさん★

そうなの!ケンちゃん来たのよ!!
あたしね、やっぱりケンちゃんのギターじゃなきゃダメだって思っちゃった。カズくんが悪いわけでは決してないんだよ!だけど、やっぱりあたしはケンちゃんなんだって確信しちゃったよ。あ~あ(笑)

VAMPSバージョンのアイムソはね、凄く良かったの。ハイドがhydeだったんだよ。だけどラルクとはやっぱり違くて。なんだろう。好きな人も好きな音も、ラルクのソレより当たり前に少ないはずなんだけど、凄いスペシャル感だったの。

VのHYDEの野生と自由を持ったままhydeになったからかなぁ。それとも久しぶりに会ったケンちゃんの力かな。なんだか、上手く説明できないのよ。

まこにゃん、もうすぐ福岡だね!!
REPLAY堪能してきてね!!そして感想聞かせてね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

BADOさん★

お返事がおそくなり、すみません。
メール2件と画像は届いておりません。容量の問題でしょうか?残念です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。