--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.18

【ワツイン感想】振り向けば長い足跡

ラルク4人で表紙を飾ったワツイン。
うわ~!!3年間、個々の活動を追いかけてきたからか4人が集まるだけでスペシャルな感じ!!ってこれが本体なんだよね(笑)なんかまんまと騙されてるかんじww

ってゆうか!!!4人で座ってる写真見ました?右から2番目の子は生きてますか?

マジでリアルにドールかと思ったよ(*´д`*)(*´д`*)

もう胴体ガシッって鷲掴みしてポッケに入れて帰りたいわ!!

そしてHYDEではなくhydeのインタも久しぶりだわん!!
今回は過去をたっぷり振り返ってくれたハイドのインタ。ハイドと一緒にあたしも自分の足跡を振り返ることができました。感想とゆうかいろいろ思うとこをいつものごとく書きなぐってます。ごめん超長くなってしまいました。そしてハイドインタのみの感想ですがよかったらお付き合いください(´∀`;)

インタの内容は、今まで随所で話されてきたことだったけど、改めてこうハイドの口から1つ1つ丁寧に話されるとなんだか感慨深いですね。あぁ20年経つってこうゆうことなんだって歴史の重みを感じるとゆうか。

メジャーになってNKホール(NHKじゃないよね?)が埋まらなかった話も、それを「リベンジ」と称して2回目のNKホールはソールドアウトさせた話も、ハイドが売れっ子ミュージシャンを目指していたわけじゃないことも、だけど結局売れなきゃ自分たちのやりたいことができないから腹くくったって話も、【flower】が売れ線を意識して作ったって話も。

当時は胸を痛めて聞いた話しもなんだか今となっちゃ懐かしく微笑ましいよ。
時が流れるってこうゆうことなのだな。

だけどやっぱり今も胸を詰まらせてしまう話もある。

ラルク前期の集大成、いちばんよく出来たアルバムだとハイドが語る【True】

ヒットチャート1位を飾り、まさにこれからって時にぶち当たった活動休止。

活動休止が決まって、メディアから完全にシャットアウトされて、ラルク側からは音沙汰がない状態が続いた。何も発表がない中でファンは待つしかできなかった。今のようにネットや携帯電話の普及はなく、あたしはポケベルさえ持ってなかった。確かな安心できる情報が欲しくとも、それを得る手段も方法もわからなかった。いろんな憶測だけが耳に入ってきた。いつの世も悪い噂ほど浸透してしまうものなんだね。

だけどラルクはそんな不安を抱えたファンに音楽で示してくれた。

【虹】

このインタでハイドが【虹】“再会の曲”と表現してくれたのが嬉しかった!

リンカネでハイドの口から仰々しい言葉はなかった。

「昔の人はよく言ったもんですねぇ。『終わりよければ全てよし』と!」

こん位がラルクらしくてかっこよかった!
ってゆうかそれで充分だった。あたしたちは【虹】をもらったから。この1曲の中に当時のラルク4人の想いが詰まってたから。

リンカネのラスト曲【虹】が始まる前、ユッキーのドラムを制してまで話してくれたハイドの言葉。皆が居なかったらできなかった曲です。ありがとう。言葉は少なかったけど、あの場にいたファンには充分に伝わったと思う。

当時中学生だったあたしは、L'Arc~an~Cielは変わってしまうんだとゆう寂しさ、やっちゃんがいないことへの悲しさ、今まで確かにあったものが変化してしまうことへの恐怖、一方、今目の前に存在するラルクが奏でる【虹】の暖かさ、壮大さ、揺らぎなさ、未来を約束してくれたことへの安堵。
もういろんな感情がごっちゃごちゃでただ泣いてたなぁ。

今でこそ、こうやって言葉にできるけど、当時は幼すぎて自分の感情を説明する言葉を持ち得てなかった。ただただ感動なんだかなんなんだか涙してた。
そんな【虹】だった。
やっぱりあたしにとって【虹】は特別すぎる。それは今も変わらず。

それからの快進撃は本当に圧巻だったね。
誰が何と言おうとラルクは『時代』だった。

だけどハイドは言う。

『時代と俺たちの運命がたまたま噛み合ったことの象徴』と。

自分たちが時代になったんではなく、時代と自分たちがフィットしただけだと。
本当にどこまでも自分を見失わない人だわ。

CDは売れに売れ、出す曲出す曲ミリオンを達成した。クラスの3人に1人はラルクが好きだと言った。99年G×Cのように、あんなにもドデカイ常識を逸脱したライヴを演ってもそう言うかってーの!!ww

大ヒットしてしまったが故にその時代に埋もれて死んでしまうバンドも多いと思う。
でもラルクが例えそのうねりに飲み込まれ、溺れかけても、尚こうして生き続けているのは何だろう。

奇跡?ハイドはそう言うかしら?

ハイドの傲らない態度(世間様にはエラそうだとかよく言われてましたがw)や、どんなにチヤホヤされ持ち上げられても、本当の自分を見失わない謙虚さには本当に頭が下がります。

やっぱり選ばれた者だと思う。才能の人だ。でもその才能を生かすも殺すも自分次第。きっと天から選ばれし者はそれだけ血の滲む努力もしているのよ。

やることなすことド派手で、クレイジーでアッパーなくせに、しっかりと地に足が着いてるとゆうか。そのくせあたし達にはまるで空を飛んでいるかのような壮大な風景を魅せてくれる。不思議なバンドだ。

『セールスを離れて時代と噛み合ってない作品は、少し逃げてると思う。時代の中でいかにカッコよく表現できるかっていうのがプロとして自分たちが目指すべきところかな。』

異端児なのに売れる。売れてるのに大衆に媚を売っていない。
妥協なしの音をガーンとぶつけてきてくれる。
ラルクのかっこよさはそこなんだと改めて思いました。


そしてソロをやることで『ラルクに戻ったときに、ラルクの歌が歌いやすくなった。うまく感情を声に込められる。』と言うハイド。

実はラピニュ後にハイモバから来たメールでも『歌も成長したと思う。ラルクの歌が楽になったもの♪』と言ってたハイちゃん。

今だから言うけど、ぶっちゃけラピニュ後にそのメールを見て、う~むと思ってしまったの(笑)
だってL'7やPARIS LIVE、15周年ラニバの方が断然に声出てたんだもんww
だからなんとな~く納得できないというか、ちょっともやもやしてた訳です。

でさ、今回のインタ読んで思ったのが、ハイドが言っている『歌いやすくなった』ってゆうのは、高音がきれいに出るとか、ラルクらしい滑らかな声が出るとかそうゆう所の話ではなく(いや、それはもちろんあって欲しいんだけど;)ハイドが今大切にしたいのって「感情の高ぶりを歌に込める」ってとこなのかもと。それをもって『歌いやすくなった』と言っているんじゃないかなぁ。。。どうでしょうか。もしそうだったら全て納得できるんですが。。。

果たして今のラルクはL'7の【LORELEY】よりも、PARIS LIVEの【あなた】よりも凄いものを魅せてくれるんでしょうか?ある意味あたしはL'7で頂点を見てしまったので、アレを超えるとなると凄い高いハードルですよ。

だけどその分、あたしたちも受け取る準備をしなくちゃよね。
VAMPSがそうだったように、バンドとお客さんの相乗効果でライヴはよくなるんだから。

ハイドが歌に込める感情のうねり、ラルクが奏でる4人の魂をきちんとキャッチできる感受性を磨いておかないとね。そのためにはやっぱり常にニュートラルで居られる能力を身につけたいものです。

『自分が好きなことやるためにソロをやったわりには、全部ラルクに還元してる(笑)』

嬉しいこと言ってくれんじゃんねぇ(笑)期待してます!!

あとはなんだっけ。
えーと、、、
『波が激しくて機嫌が悪いことが多かったkenちゃんがまたハー火ではほぼ機嫌が良かった』と。『17年目にして、やっとラルクがKenちゃんのニーズに応えられるバンドになったんだな』って言ってたね。

うん、昔はギター壊したりしてたもんね(笑)
あたしはてっきり年齢を重ねてまるくなったのかと思ってたよ。そっかぁ、ハイドの言う通りかもだね(´∀`)

そして20周年という月日について『山あり谷ありで、ここでは言えないようなことも山ほどあった』と言う言葉。

今あたしがすぐに思い浮かぶのは3つくらいかな?たぶん皆と一緒だと思う。でもきっとそれ以上にいろいろあったんだろうと思う。

幸せそうに笑っていても、その時本当に幸せとは限らないもんね。当の本人たちにしか分からないことは死ぬほどあるだろうよ。だけどそれを乗り越え、抱きしめて歩いてきたんだろうな。時には時代にビックウェーブを起こしたり、その波に自らが飲み込まれそうになったり、立ち止まったり、進行方向を見失ったり、そうして振り向けば長い足跡ができていたんだろうな。

歪んでても真直ぐな足跡。
ホントに【BLESS】は今のラルクにピッタリの曲だなぁ。

『バンドだけのパワーじゃない。いろんな人が支えてくれてる。皆がラルクに夢を描いてる』

もちろん!でもバンドにパワーがなければ誰も手を差し出さないよ。奇跡を起こせそうもないバンドに夢を託したりしないよ。それは覚えていてねハイドさん。

あたしにもあたしの20年があった。途中ラルクから目を反らしたこともあったし、全くラルクから遠ざかったこともあった。でもデビューしてから紆余曲折しつつも、ずっとこうして追いかけてこれたのはやっぱりバンドにそれだけど魅力があるからだもん。

先のことはわからないけど、もうここまで来たら完全に見捨てたりはできないかな。
とっくの昔にラルクを客観的に見ることができなくなってるもの。

とにかく20周年を迎える今のラルクに期待してる!!
2年半待ってたんだもん。一緒にいい夢見させてよね(´∀`)

以上、ここまで読んでくださった方ありがとうございました★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1人、少年が紛れ込んでましたね!←
あのドール本当にお持ち帰りしたいです(*´∀`*)

私はファン歴が浅いので、知らないことがほとんどだったので今回のインタビューはとても新鮮でした。

あんなにCD売っておいて(笑)時代と俺たちがたまたま合っただけって・・カッコ良すぎですよ!!
hydeのそういう謙虚さも、20年続けてこれた理由の一つなのかな~って思います。
てか、偉そうとか言われてたんですか・・(;^_^A
あんなポワンポワンなのに!(笑)

何だかあんまり深いこと書けなくて申し訳ないですが・・この辺でm(__)m

ポケットいれてもいいですか?(笑)
私もワッツイン買って読みましたよ(^O^) でも今 高校生の自分にとってsakuraさんがいたラルクとか 過去の情報で知るしかなくて
当時中学生とか ほぇぇ と羨ましがるしかできず。。。
も もう!羨ましいです!(笑)
これからのラルクにも期待ですね! 期待と言うよりはワクワクですが!

こないだのラニバの件は受験勉強やらで行かれそうにないですが 受かったら ひゃっほうと ライブ友達と参戦するので そのときはよろしくです☆

まゆちゃん★

まゆちゃん★

ハイちゃんお人形さんでしたねぇ(´∀`)
脇腹ちょん☆ってつついたらコテって倒れそうじゃない?ww

偉そうって言うか、まぁ怖そうとか生意気とかね(笑)
うん、しゃべるとポワポワなのにねぇ。見かけで損するタイプよねw
当時よくラルクと比較されていた【黒でも白でもない方たち】が人当たりのよい好青年って感じだったから尚更?w
でもラルクは本人たちがそう(優等生と)見られることを美徳としてなかったから。
音で勝負!わからんやつはわからんでいい!ってタイプだし。
またそれが生意気って言われるのか!?ww

ふふふ、でもテレビの前でヒヤヒヤしながらもいいぞいいぞぉって思って見てましたよ♪

いやいやいや。深くても浅くてもなんでもお気になさらず、愛を叫びにでも来てくださいな(*´3`*)いつもありがとう☆

messyさん★

messyさん★

こんにちわ~♪
まぁ!高校生でいらっしゃいましたか(*´∀`*)うらやまし~←

ポケット是非入れましょう!!
どこへ行くのも一緒です。んで人気がいないところではコッソリ話しかけたりね。
って完全に危ない人ですねwwあっひかないで~~~~

今の時代、過去の情報はいろんな手段で得られるけど、やっぱり「今」のラルクの空気は「今だけ」のものだからね。
今、出逢えたことに感謝ですよねぇ♪
そしてこの「今」もいつかは過去になってゆく。。。
そうやって歴史って作られていくんですね。

本当にこれからのラルクが楽しみですねっ。
messyさんは今からラルクとの想い出をいっぱい作っていってくだいね!!
そしてラルクの音楽をお供に受験勉強がんばってくださいね。

こちらこそいつでもヨロシクお願いします♪

中学生から...

超多感な時期にラルクに出会えたtutuさんはほんとに幸せですね!
もう羨まし過ぎwww
私は91年からちょうど2000年まで東京に住んでたのに
ファンになったのは福岡に戻る頃でした(;.;)

かわいかったなあ、もうビッグネームだったけど、まだまだ
やんちゃな男の子でした。

だけど偉そうに見えてもおばか(失礼(^^;)に見えても
tutuさんの仰る様に自分を見失うことなく精進し続けてきたハイド
だからこそ成し遂げられた事ですね!

ミュージシャンとしての才能。(容姿ももちろん!)
プロデューサーとしての才能。
そして人並みはずれた努力と根性!

やはり神に愛された人なんですね。
それをtutuさんの解説つき(今回はフィルターなしです!!)
で読めるなんて私もほんとにしあわせものです。
このブログのおかげで、はいどの頭の中、5センチ深く
覗けたと思います。ありがとうございました(=´∇`=)

makoさん★

そう!そりゃもう痛いくらいに超多感な頃でしたよ。
今ならま~た言っちゃってるよぉと笑えるような、ちょっとしたハイドの言葉にも胸を痛めたり(笑)

makoさん東京に住んでらしたんですねっ!
ラルクがデビューしてから超売れっ子になるまでの期間じゃないですか!

一見ラルクのhydeて「俺様☆」って感じに見えますよねぇ。
あのバリバリオーラのせいかな?とても我が強くて尖ったロックスターって感じ。

でも実はそんなこと全然なくて、人間としてとても柔らかくて、だけど一本強い芯が通ってる。音楽はもちろんだけど、あたしはそんな内面にも惹かれたんだと思います。

今回のハイドインタはいろんなこと思い出しました。自分も原点回帰?した気分です。ってことで、「今のラルク」をまっさらなフィルターなしの目で・・・見れないかwwん~もう愛しまくっちゃってるからなぁ。。。←ばか

やった!!(今回はフィルターなし!)いただきましたぁ(´∀`)
ありがとうございます。

ハイドの頭の中、できることならパカッと割って覗いてみたいものです。
すごい複雑そうで意外とシンプルだったりして(笑)でも限りなく深そうだ。
迂闊に足を踏み入れたら溺れてしまうわ。

そんなわけで、これからも神に愛された男の行く末を見届けたいなぁと思います。
いつもコメントありがとうございます(*´∀`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

m★★aさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
初めてのコメントとても嬉しく拝見しました。
とても丁寧で心のこもったお言葉ありがとうございます。

ラルク復活愛ですね(´∀`)
10年前というと、、、ちょうどラルクがロックロックしだした頃ですね。
白くてふわふわで儚くて透明なラルクが好きだった昔からのファンが戸惑いを感じだした頃ではないかなぁと推測します。

とゆうあたしも実は途中でラルクから離れていた期間があるんですよ。
復活のきっかけは友人がカラオケで歌った【flower(本人映像)】でした。
ずーーーっと忘れていた感覚がぶわぁ~~~っと甦り、一気にファンに返り咲きました(笑)

20年って本当長いです。すごい歴史です。
生まれたての赤ちゃんが成人しちゃう位ですもんね。
きっとここまで辿り着くには、いろんな苦難や迷いがあったはずです。それを乗り越えて、受け入れて、抱きしめて1歩1歩進んできたんでしょうね。だから今のラルクがあるんですもんね。

そして同じように、あたしにもm★★aさんにも尊い20年が存在したんですよね。
ラルク20周年と供に、そんなことに気付かせてもらいました。

ラルクから離れていた空白の時間を今から1つ1つ辿ってゆくのもきっと楽しいですよ。まだ見ぬラルクがいっぱいあるのって、実は羨ましくもあります(*´3`*)

>活動再開のこの年にまた恋ができて幸せです。

もしかしたらこうなる運命だったのかもですね。人生は巡り逢わせですから。
来るべき時に、ちゃーんと巡り逢えるようにできていたのかも(´∀`)
な~んてちょっとロマンティックすぎますか!?笑

良かったらまたお越しくださいね。
コメントとても嬉しかったです。
これからもどうぞよろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

m★★aさん

もちろんちゃんと伝わってますよぉ(´∀`)ありがとうございます。
あたしの周りもラルクを解かってくれる子があまりいないのでお気持ちよ~くわかります!!
スキスキィって叫びたい時に一緒にワーキャー言える相手がいないって寂しいですよねぇ。
もしかしたら、あたしがブログを続けている理由はそこにあるかもしれないなぁ。
恐らくここはラルクに何らかの興味がある人しか辿り着かないと思うので(笑)
いつでも想いの丈をぶつけにいらしてくださいねぇ。

新しい世界はいくつあっても自分を豊かにしてくれますよね。
あたしでよければいつでもお相手させていただきますよん♪
あまり更新もマメなブログではないし、情報も早くないですけど・・・
この通り、管理人がうざい位にラルク(主にハイド)に愛を叫んでおりますので、一緒に楽しんでくだされば幸いです★
プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。