FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.16

【I'm so happy L'Acoustic ver.】究極に前向きなラブソング

ビックリした。ビックリしたよ。あたしゃビックリしましたよー!

そして泣いた。

賛否両論ありそうなのも解ります。聴く人を選ぶ歌い方だろうなって思う。実際うちの母は笑いやがりました。でも音楽ってそうゆうものだから、感じ方は千差万別、何通りもの解釈や感じ方があっていいと思う。

あたしはフラゲしてからずっと、何をしても上の空になってしまう程に心揺さぶられております。早くこれを書き上げないと灰人になってしまうんじゃないかって勢いです(笑)

アコースティックVer.と銘打ってますが、原曲とは全く別の曲です。

まさか歌詞を変えてくるとは思わなんだ!

最初hydeの声に驚き、次に歌詞が変わってることにハッっと息を飲みました。と同時に涙がツーーっと零れた。

まず特筆すべきその『歌声』

エロいとか甘すぎるって感想も耳にしたけれど、あたしは全くエロさは感じなかったんだよね。エロさじゃなく、痛かった。痛くて苦しかったよ。虚飾のないダイレクトな想いが胸の奥底に突き刺さって。

1曲の中でコロコロ変わる歌声。

ひとつの声の中に、力強さと同時に、か弱さが存在していて、心もとない囁きであるようでいて、身を刻む叫びでもある。

不思議。

まるで話しかけられてるかのように生々しくて、原曲よりもぐっと体温を感じる。
原曲と比べると、硬く覆われていた殻が1枚も2枚も剥がれた様な、生々しい人肌を感じるんだよね。そして剥き出しになったその生身は柔らかくて、そう、半熟卵みたいなそんな印象。

『剥き出し』って言葉が1番しっくりくる。

故に痛いのだよ。

だけど同時に幸福感も感じて、終いには自分が苦しいのか嬉しいのか、なんで泣いてるのか解らなくなってしまいました。色んな感情が一気に溢れすぎて、その波で溺れてしまったみたい。

揺り籠の優しい揺れに包まれながら聴く子守唄のようだったり、はたまた、charaやメイシーグレイを彷彿するようなイノセントな子供っぽい声だったり。

昔ね、一緒に暮らしていた祖母が、死期が近づくにつれどんどん我が儘で駄々を捏ねるようになったんですよね。赤ちゃん返りってやつ。その時に思ったの。人って死ぬ時は生まれた姿に還るんだなって。

だから、この主人公は今、無垢な赤ちゃんに還ろうとしてるんだなって思った。昇華されるんだなって。
魂は天に還り、身体は地へ還る。もうすぐ自分に訪れる『死期』、その瞬間を悟っているの。だけど神様どうかあと少しだけと抗う痛々しさ。

だけど、原曲で感じた青臭い程の荒々しさは鳴りを潜め、もうソレを受け入れているかのような穏やかさを感じました。

主人公にとって、これは幸福感に包まれた死なんだね。

最後に残るのは『愛』なんだよね。

I'm so happy with love

****************
『こんなふうにも表現したかったんだな。』
『原曲はもっとヤンチャなイメージだったけど、こんなふうにも伝えたかったんだな。』

****************

これはkenちゃんの言葉。
参考:excite
L'Arc~en~Ciel シングル『X X X』インタビュー
http://ent2.excite.co.jp/music/special/2011/larc-en-ciel3/


ケンちゃん(ノД`)
ねぇ、なんて愛しいんでしょう。もうこの言葉が全てですよね。本当に。


そして第二のポイントが『歌詞』

変化した歌詞を考え出すと、これまた眠れなくなるのよね(笑)


「本当に目を閉じてしまうまで」
「あと少しあの人のそばに」

「それでもあぁ どうか悲しまないでほしい
どんなに狂って見えても 笑われても」
「それでもあなたよ どうか悲しまないで
どんなに変わっていこうと 笑い飛ばしてよ」


「それでもどうか殺さないでくれ
あなたを愛しているから」
「でも神様どうか殺さないで
あの人を愛しているから」
 


最初あたしは、15年の月日が経過することで、hyde自身の想い・考えが変わったのかなって思ったんですよね。でも、hyde曰く、当時は照れて言えなかったり、表現の仕方がわからなくてできなかったことを、今の自分が歌うとどうなるかってわかりやすくしたとのことらしいです。

「神様」って言葉にビックリしたなぁ。
今までhydeにっとて「神」とは憎悪の対象のように描かれてきたのに、その神に懇願してるんだもん!!

そして「どんなに変わっていこうと 笑い飛ばしてよ」って表現にhydeの成長とゆうか、15年の経過を感じるなぁ。「笑い飛ばす」とゆうことをできるようになった人の言葉だから。


最後に、やっちゃんの言葉で絞めたいと思います。
****************
「愛してる」って、この世で一番嘘偽りのあるくさい言葉だと思う。「愛してる」って言葉だけじゃ絶対収まんない思いがあると思うんだけど【I'm so happy】で使われてる「愛してる」って言葉にはすごいビクッときた。
これ以上あてはまんない。それほどひっかかったんだよ。俺いつもコーラスやりたがんねぇんだけど、立候補したの、この曲だけ。

****************

あのhydeが自ら強い意志を持って「I love you」とゆう究極に前向きな言葉を発信したこと。この「I love you」はそこら辺に転がってる陳腐な「I love you」じゃないだって、こんだけ世の中に有りふれてる言葉をここまで響かせて聴かせられる歌い手をあたしは他に知らないもの。

あたしはこれから苦しい時も嬉しい時も泣きたい時もずっと共にする唄になるんだろなぁ。

愛する人を残して死に逝く時、あたしは何を想うだろう。何を叫ぶだろう。
あたしにとって、ソレが「I'm so happy with love」だったらいいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

makoさん★

うんうん。なんかエロイって言葉で終わらせたくないってゆうか。
きっと、聴く人によっていろんな聴き方、響き方をする歌だと思う。

makoさんが言うとおり、いろんなこと考えちゃいますよね。
でもこんなにも優しい愛に満ち溢れているんだから大丈夫でしょう。

これからC/Wはアコースティックでやるみたいだから楽しみですね。
でも自分の中でアイムソを超える曲は出なそうだな~~。
そんくらい衝撃でした!
プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。