FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.03

■THE HYDE■ ABILITH 才能

「俺には音楽家としての才能はないんじゃないかなと思って、闇雲にギターを弾いては弦を切ったり、頭の中のメロディーを見つけられないストレスで、夜中に叫んだりする。」

「THE HYDE」の1番最初の項目『ABILITH 才能』はこんな風に始まります。
しょっぱな3行で泣いたわ。

こんな腹の柔らかい部分を見せてくれるのかって。
そしてそれを大仰にせず、淡々と語るハイドがハイドらしいのだ。

そもそも「才能」ってなんだろうか。
ハイドがここで言ってる「才能」って「曲作り」のことを言っているように思う。

「頭の中のメロディを見つけられない」って言ってるってことは、
おぼろげながらも頭の中では鳴ってるんだよね?それを形にできないってこと?
それとも鳴ってはいないのかしら?イメージで見えてるのかしら?それは雰囲気みたいに掴みどころのないものなの?

【LORELEY】作った時はドイツのライン川からイメージが浮かんで、スッとできたみたいなこと言ってなかったっけ?

ん~~、才能が全くないあたしにゃ「ハイドの頭の中のメロディ」ってやつがわからないよ。
凡人からしたら、もう「それ」が頭にあるって事自体が「才能」だと思っちゃうわ!


>「音楽理論を知らないからコード進行が不思議で、独特ってよく言われる。知らない間に転調してしまうんだよ。」

うん。前からハイドが作る曲って摩訶不思議だと思ってました。
うっわ、そこで転調させちゃうんだぁ~。とかあるある(笑)
でも、その摩訶不思議メロディがまた癖になるんだよぉ~。


>「自分の感性を信じて賭けるんだ」

あたしはハイドが大好きです。(知ってるって?w)
なんでこんなにもハイドを好きなんでしょう。きっと一言で答えるなんてムリよね。
前に「存在」って、あんたそりゃ~極論すぎるよってことを堂々と書いたあたしですが(笑)

じゃあ、なんでこんなにもハイドとゆうアーティストのことを信頼しているんだろう。
「ん?」って思うような発言があったとしても、自分の好みではない曲があったとしても、ちょっとやそっとじゃ離れない。
その信頼はどこからきているんだろう。

それは、やっぱりこの人の感性に惚れているからなんだよね。
彼の感性を信じてるのは、ファンも同じなのだ。

何度も何度も見返す映像があります。
【ROENTGEN】時にNHKでやっていたアンプラグドライヴ。
ハイドが金子先生のギャラリーを訪れるアレです。とらやの紙袋持って!w


「この先、自分の感性がどうなるか自信がない」とゆうハイド。
始終、泣きそうでさ。いや、実際には泣いてないけど、あたしには泣き顔に見えて仕方がないです。
最後まで外さなかったサングラスも納得とゆうか。先生と話す時くらい外しなさいよーと思わなくもないんだけど(笑)、レンズ越しにチラっと覗く瞳が揺れて揺れて、本当に自信がなさそうで居たたまれなくなるんだよね。だけど好きなの。孤高の音楽を創るハイド。

金子先生は

「センスってゆうものは、持って生まれたものもあるけど、努力すれば良くなっていく。
ほんのちょっと、1cmでも人より上がると、二つ目が見えてくる。それが見えてくると、次はもっとドーンと見えてくるんだよ。」


って仰るんですよね。

するとハイドが

「歳とると何が良いか分からなくなってくる
今でもある程度、自信はあるんですけど、徐々に鈍ってきてる気がするんですよね」


って漏らすのよね。

その時の金子先生、きっと何か感じたんでしょうね。
ソファーに沈んでいた腰をサッてあげて、ハイドの方を向くんだよね。

この後に金子先生が言ってくれた「そんなことないんじゃない」って言葉に、きっとハイドは助けられただろうな。
結局は自分で打破するしかないんだけどね。芸術って孤独だよね。。。

あたしからしたら、こんなにも才能に溢れていて、類まれな感性を持ってる人なのに。
アーティストの宿命とゆうか、やっぱりモノ創りをする人にとっては切り離せない苦しみなのかもしれない。
「才能が枯れちゃったら・・・」って。

で、そんな彼が【FAITH】の頃にこんなことを言っていました。

「一番信じてるのは自分の感性なんですよ。自分を信じることができなかったら、美学も何も無くなってくるからね。自分が一番気に入った作品を作ることが、みんなの喜びであるっていうことを一番信頼しています。」

どうしちゃったんでしょう、この自信!
まさに達観の境地とゆうか。いろんなものが見えたんだろうな。それで「宇宙と繋がる」ところまでいってしまったのでしょう。

あたしは【ROENTGEN】も【FAITH】も好き。今の「羽化したハイド」も好き。

どんなに変化しても、根っこにある「感性」を信じてる。

「THE HYDE」を読んで改めて思ったこと。
この人は「才能」の人だけど、「努力」の人でもあるってこと。
持ってうまれた「感性」に胡坐をかくことなく、常に自分の核となる感性を磨いてきたんだよね。

ハイドが身を削りながら、血を吐く想いで生み落とした作品たちを、余すことなく感じたいです。
そのためにはこちら側の感性も磨いておかなくちゃよね。

人生を賭けるようなことでも、日常の些細なことでも、信じて進んだ道を諦めちゃった人、途中でやめちゃった人って少なくないと思うの。
あたしもそう。大好きだったものを、これ以上伸びシロがないんじゃないかって手放して、楽な方に逃げてしまいました。
もう1度チャレンジしてみようかなぁ~。

って、相変わらず「THE HYDE」で頭いっぱいのあたしですが、どうやら現在ハイドちゃんはパリに行ってるという情報が入ってまいりました。
プロモーションかな?苗場から帰ってきたばっかでしょうに、相変わらずお忙しいわ~。

で、木村カエラちゃんがラルクのCMにだと!?これも今入ってきた!
▼ラルク新作「BUTTERFLY」テレビCMに木村カエラ出演
http://natalie.mu/music/news/63823


やってくれるじゃないのぉ~~。
過去に浸ってるヒマないわねぇ。ラルクもハイドも、もう先の先を走ってるわ!
来週からのメディアラッシュもあるし、「THE HYDE」はちょっと横に置いといて、今のラルクを楽しむわよぉぉぉ!!

以上、「THE HYDE」の【A】の感想でした。


追記にて拍手コメントお返事です。
(前回、前々回の記事にたくさんいただき感無量でございます!)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。