--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.18

なりたい自分になる男

ご無沙汰しております!

久しぶりにブログのアクセス解析を調べてみたら、『tutu ブログやめた』なるキーワードで検索された方がいたようで・・・(笑)
ごめんなさい、やめてないですよー!マイペースなだけです。今後ものんびり更新していきますのでお付き合いいただけると嬉しいです。

さて、止まることを知らないマグロ男のようなハイドさん。凄いですねぇ。
先日発売された『音楽と人』のインタが大変良くて、それを読んだだけで満足しちゃいました。

『今は回り道をしたくないから止まれない』とキッパリ言い切る姿に惚れるよね。『こんなに待たせておいて、僕が夢に真剣に向かい合ってなかったり、何も感じられない曲を出したら、みんな許さないでしょ。』って言葉がいいなぁ。今ハイドは夢を掴もうとしているのね。だけど『夢を叶えることよりも、その過程が自分の人生を豊かにしてくれてる』ことも知っているのね。

で、あたしすっかり満足しちゃって東京ZEPPもライブビューイングも行ってないんです。(ビューイングはチケット取れなかったんだけどね/泣)でも全然平気なんですよね。好きじゃなくなったわけじゃない。この目で全てを見なくちゃ気が済まない時期もあったけど、今のあたしはそれじゃない。なんでしょうね、この心の平穏は。多分、あたし解ったんでしょうね。何があっても、この人のことを好きでいられるって。何をやろうと、どこへ向かおうと、ハイドが光を放ってる。それだけで幸せ。そんな気分です。(伝わりにくい表現ですみません・・・)

話しは変わってちょっと友人の話しを。

先日、友人と仕事について話しをした時のこと。あたしはその友人のことを凄く尊敬してるんですよね。与えられた仕事を全うするだけでなく、次世代へと繋げる夢を描いていて、その情熱や、自分のヴィジョンを掲げてそこへ自らを追い込む姿にとてもインスパイアされているんだけど。

その彼がこう言ったんですよ。「俺は俺の努力でここまできた」って。一瞬、凄いこと言うなぁって思ったの。周りの人への感謝とかないわけ?って。でもね、本当にそうなんだと思います。これが本気で闘ってきた人の言葉なんだと思います。周りがいくら目をかけてくれたって、いくらサポートしてくれたって、本人の努力なしじゃここまで来られないもん。運でも才能でもない。努力の賜物なんです。

それでね、思い出したのが、いつかのhydeの言葉。

『ラルクによって作られたヴォーカリストhyde』って言葉。
これだけ楽曲に幅があるラルクだからこそ、いろんな歌を表現できるようになった(いろんな声を出せるようになった)とゆう意味での発言だったと思うんだけど。

この言葉を自ら言っちゃうところがスゲーなと思ったんですよね。

で、今ハイドは自分だけで、「自分の理想とするロックバンドのヴォーカリスト"HYDE"」を作ろうとしているんだよね。
「みんなの夢」じゃなくて「自分の夢」を叶えるために。だけど、その「自分の夢」「ファンの夢」になることも知っているんだよね。
生への貪欲さに圧倒される。「人生一度きり」だもんね。彼の生き様を見ていると、「生と死」が光を放っていて、ハッとさせられます。

あれだけの偉業を成し遂げたにも関わらず、『過去はまったく輝いてない』と言えるその潔さ。
これからどんだけ輝くつもりなのかしら。追いかける方も相当タフじゃないと彼の持つパワーに食われそうです(笑)ファンもエネルギー満タンで臨まないとってことだわね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この時代にお金とって読ませるインタ

伊達じゃないです。音楽と人
久しぶりにハイドちゃんの事、男前!って思いました。
ここんとこ美女枠 笑 でしか捉えてなかったから新鮮でした。

もちろん写真もよくてすごいかわいこちゃんが
こんなカッコイイ事言うてる!ていうギャップもよくって♪

自分の中ではVAMPSって2010年で極めちゃった感があって
去年のライブでは「ハイドちゃんこういうLIVEちょっと飽きてきてない?」
っておもったりしてたんですけど。

だから逆の期待してたんですよね。
そろそろ戻っておいで~って。でも甘かったWW
新曲聴いて、やられた!って思いました。
このかっこよさ、ずるいよーってブルーになるほどに。

だけどこんなに明確なビジョンが描かれてたとは知らなかった!!
ホント、読んでよかったです。
tutuたんのおっしゃるとおりこの1冊で十分です。
音楽を生業にする。というのがどういう事か
御大の覚悟や姿勢をはっきり見せてくれてて
すっごくきもちよかった!!!(好きな音楽できるなら売れなくてもいい
というのには違和感を覚えるので)

もうね、たぶん当分ラルク見られない寂しさも我慢して
待っていられる。以前のような熱狂じゃないからこそ
バンドとしてのVAMPSの行き着く先にすごく期待しています♪
とりあえあず8月のチケット、なんとかしないとって
焦ってますwwww

makoさん★

音楽と人のハイディ、とっても男前だよね!
大将とか、あにぃとか、ハイドにぃとか、周りからそんな風に呼ばれるのが解る。
こりゃ、ついていきたくなるよねぇ。

> 自分の中ではVAMPSって2010年で極めちゃった感があって
> 去年のライブでは「ハイドちゃんこういうLIVEちょっと飽きてきてない?」
> っておもったりしてたんですけど。

まこにゃん、まったく同意だよぉ。あたしもそう。
2010年にバカみたいに追っかけて、それで幕を下ろしちゃった感があるなぁ。
だけど、ハイドは2010年からも足を止めることなく、どんどん進化してるんだよね。こっちが追いつけないくらいのスピードで。

かといって、また2010年みたいな熱狂でいられるかって言ったらまた別の話しなんだけどね(笑)
あたしは、今ちょっと遠くからVAMPSを眺めているのがちょうどいいかんじ。上手い距離感が見つかった気がしてます。

ただ、やっぱりハイドが目指すその先の景色は一緒に体感したい。それはライヴ全通すれば見られるかって言ったらそんなことなくて。たった1回のライヴでも感じることができると思ってるよ。
プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。