--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.22

【天野喜孝xHYDE展】行ってきました。

天背


[天野喜孝×HYDE展 天命と背徳~NIPPON EVOLUTION~]行ってきました。

まずビックリしたのがその作品数。100以上はあるんじゃないでしょうか。その全てがハイドなんです。どの作品からもハイドが匂ってくるんですね。ハイドをモチーフにした作品なのだから当たり前なんですけど。あぁこれはあの時のハイドっぽいなぁと思えるのはファンならではの楽しさですね。

天野さんの絵って毒がありますよね。万人受けはしないけど、好きな人は好きって感じ。あたしは正直に言うと好みではありません。だけど凄く惹き込まれました。特に線の力強さに惹き込まれたなぁ。動きがあって、風を感じるんですね。展示場の空間作りの上手さもあってか、ストーリーに入り込んでしまい、あたかも自分がストーリーの一部であるかのような錯覚に陥りました。

リアルワールドが描かれた作品たちの中には、馴染みのあるハイドがいたり、その先の幽玄の世界では大人のあたしですらちょっと怖いなって思うような、背筋がゾクっとするような絵が多数あり、その先の天使と悪魔の間はただただ圧倒されました。

中でも気に入ったのが、黒の濃淡で描かれたハイドの顔。右半分は美しい彼の顔なんだけど、左半分は骸骨になっているの。二律背反。光と影。ラルク初期から一貫したハイドのテーマでもありますね。

マイクを持って歌っているように見える作品もあり、ハッとしました。

あと「タトゥーの天使」と題されたアクリルに描かれた作品。数ある作品の中で、この作品だけ異質の肌触りを感じました。カラフルな色使いが凄くポップ。

「MAN」と題された絵も良かった。この作品からは今のハイドを感じました。その手にした剣は猛々しく、堂々と立つ姿には自信が漲る。だけど肩にかかる重圧は重く、戦に疲れた戦士の表情がチラリと滲むような。この作品からも二極の面を感じました。

他にも、もう1度観たいなと思う作品が幾つもあり、時間を見つけて行ってきたいなと思っています。

絵や美術作品に関してド素人のあたしですが、そこに在るはずのない風や匂い、そしてハイド自身も言っていた音が聞こえてくるような、そんな作品に出会うことができました。

そして、ハイドとゆう人をモチーフにしてこれだけの作品が生まれてしまうってことが何より凄いと思いました。天使や悪魔、幽玄の世界。現実離れした世界観に見事にハマってしまうハイド。もちろん天野先生の作画の力や創造力があってこそですが、ハイドとゆう素材があることで、ものすごくインスピレーションを受けたんじゃないかなぁと思います。それくらいに天野先生の描く世界観とハイドが見事にマッチしていました。


お近くにお住まいの方は、足を運んでみてもいいと思います。
もう一度行きたいなと思わせる世界があります。(とゆーか、一度じゃとても飲み込みきれないのよ!笑。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

コメントさせていただくのは久しぶりです。
毎回拝見していましたが、実は僕も親戚が亡くなったりして、少しドタバタしてました。


そして!
天野嘉孝×HYDE展ですね♪
僕も行ってきたんです!18日に!

ものすごい世界観に圧倒されました。確かに一回だけじゃ分かりにくかったですね^^;

出来れば一枚一枚絵の説明などがあれば尚良かったのですが。

段ボールに絵を描いたり、和紙に絵を描いたり、色々な種類、色々な表現がありました。

確かに『透明感があって、存在感がない』というのは、HYDEさんにあっているのかもしれません。

ただ、僕の中では『存在感がない』 なんて、ぜっっったいに有り得ませんけどね笑

同じ時期に同じ感動を共有できて嬉しいです。

最近はHYDEさんから少し離れた生活をしているもので、ここの記事で山中湖にkenちゃんが来たことを知りました!

また来たんですね!!!♪

VAMPSにももう一度行ってみたいなぁと思いながらも、なかなかチケに手を出せずにいる僕です笑

早くラルクやらんかなぁ笑

それでは、また。
失礼します♪

KAYさん★

お久しぶりです!

天野ワールドに圧倒されますよね!
線ひとつ、色ひとつとっても天野先生のこだわりが施されているんだろうなぁと思います。仰る通り、作品の説明も聞いてみたいですねぇ。

>僕の中では『存在感がない』なんて、ぜっっったいに有り得ませんけどね笑

同じくですよ!笑。
あたしたちが観ているのは「表舞台のハイド」ですもんね。オフ時は存在感を上手く消しているのでしょうか?

余談ですが、あたしが好きなBeyonceも、普段は大人しく、シャイなんだそうな。存在感のある人ほど舞台を降りると別人なのかもですねぇ。笑。
プロフィール

tutu。

Author: tutu。
ラルク(主にハイド)を愛でる日々。濃厚な愛がだだ漏れなブログです。胃もたれに注意してお読みください(笑)
LE-CIEL、HYDEIST、VAMPADDICT会員です。
返事をお急ぎの方はコメント欄からお願いします。
Twitterアカウント【tutu0311】

最近の記事
人気の記事
たくさん拍手をいただいた記事です。
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最新トラックバック
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。